アレルギーがあっても旅行できた♪三日目別府の巻

公開日: 

卵乳不使用!おでんにおすすめ
【送料無料】鳥取県 名物!とうふちくわお試しセット(6種類14本セット)【待望の全国デビュー】【とうふ 豆腐ちくわ 竹輪 ちくわ 豆腐入り 鳥取】【お土産 おつまみ おやつ お鍋 おでん】とっとり 島根 山陰[ギフト/贈り物/プレゼント/お歳暮/お中元]



阿蘇&別府2泊3日の旅 3日目(写真はあとでUPします♪)





「貸間」で「地獄蒸し」はアレっ子に向いてる!!



2日目は「貸間」の「陽光荘」に宿泊しました。

「貸間」とはその名の通り。部屋だけを借りて食事はご自由にというスタイル。

ですが、そこは別府。自由に使える台所に「地獄蒸し」がついています。

自由に使えるお風呂は、アツアツの「温泉」です。


「地獄蒸し」とは、別府温泉の蒸気を利用した調理法で、食材を蒸すだけのシンプルなもの。

湯気が立っている台所にいくと、蓋がたくさん並んだ場所があります。

蓋を取ると、穴が。その中から蒸気がバンバン立っております。

ザルやお皿の中に食材を入れ、穴の中に入れて蓋をし、所定の時間待って取り出すと、できあがってます。



たとえば、ご飯とか。とうもろこし、お芋などなんとなく蒸した時の想像がつくものも、おいしさが全然違います。

お肉や魚介類も、じゅわぁ~っとジューシーで、味が濃くて、本当においしい。

蒸しただけなのに!!!!!



2日目の夜と3日目の朝は地獄蒸しだったのですが、もっと長く泊まって、いろいろなものを蒸して食べてみたいと思ったのでした。

食材を自分で選べるのは、本当にうれしいです。

アレっ子の旅行にはぜひおすすめ。

あ、でも「卵」をゆでる人も多いようなので、「湯気だけでもダメ!」「お皿の共有は×(洗えるけどね)」っていう方は注意が必要かもしれません。


<PR>【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング






「貸間」の温泉が…最高



別府温泉、さすがです。

最初はお宿の近くの「ひょうたん温泉」に、お風呂だけ入りにいこうと思っていたんです。

ミシュランで三つ星を獲得した評判の温泉だし。

でも、なんだか疲れていたので、とりあえずお宿のお風呂に入ったところ…

これが最高!

あぁ~、これぞ温泉だよ!

疲れは本当に吹っ飛びました。

「ひょうたん温泉」行かなくていいや、と思うほど、「いいお湯」でした。


アレルギーとアトピー性皮膚炎は切っても切れない(切りたいけど)関係ですよね。

温泉は皮膚病にも効果がありますから、そういう意味でも別府はおすすめかもしれません。



<PR>東京ディズニーリゾートへの旅






定番の地獄めぐり→帰途に就く


朝ごはんとお風呂を済ませたらチェックアウト。

正直、もうちょとここに泊まってもいいなと思うほどの居心地の良さでした。

ここに数日滞在して、ぶらぶらと周辺を観光したり温泉に入りまくったり。

きっと楽しいと思います。


さて、チェックアウト後、バス停までぶらぶらと歩いて(歩いてる途中に「地獄蒸し」体験ができる施設もありました)、バス停から「血の池地獄」と「竜巻地獄」へ向かいました。

この2つを選んだ理由は「子供が血の池に行きたがった」「血の池と竜巻が近かった」「イッテQで間欠泉シャブシャブを見ていた息子たちに、間欠泉(竜巻地獄)を見せたかった」というもので、皆さんにこれがおすすめだよ!!と声を大にして言うほどでもないのですが…でも、我が家は満足しました。
BR>
その後、またまたバスで別府駅へ。

別府駅のコンビニで次男も食べられるおにぎりを買い込み…(醤油が食べられるようになってから、おにぎりがずいぶんイケるようになりました)帰りはもっちろん「白いソニック」!!!

乗ったら、先頭車両の一番前の席が空いていて、子供たちはそこに乗って超ご機嫌でした♡

ちなみに私も大興奮でした♪



途中で雷が鳴ったり、大雨になったりという悪天候でしたが、戸畑駅に着くころにはそうでもなくなっていたような???(もう記憶があいまい)

大好きなものを全部詰め込んだ、とても思い出深い旅行になりました。


<PR>【じゃらん】スキー・スノボ 170のゲレンデ情報&予約OK!な宿泊&温泉







スポンサードリンク





アレっ子ブログは にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村 クリックして応援してね♪

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑