漢方「小建中湯」「治頭瘡一方」を母乳移行で飲ませた感想

公開日:  最終更新日:2014/10/06

Sponsored Links

naggieは3ヶ月の頃からひどい湿疹が出始めました。
母乳だったため、私も除去をしていましたが、それと同時に「母乳から飲ませる」という意味で、私自身が漢方を飲んでいました。
飲んでいたのは、「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」と「治頭瘡一方(じずそういっぽう)」の二種類。

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ

小建中湯(しょうけんちゅうとう)の効能はいろいろとありますが、naggieの場合「小児虚弱」などが当てはまると思います。
特に病気をしやすいわけでもなく、体も大きかったので「虚弱」という感じではないのですが、湿疹がこれほどまでにひどいわけには、体の内部や体質の問題があるわけで、その辺りの対策だったと思います。
治頭瘡一方(じずそういっぽう)」の効能は分かりやすく「乳幼児の湿疹」(特に顔、頭部の)とあり、直接的な湿疹へのお薬でした。
漢方って効くの?意味あるの?って、漢方を飲んでおきながら思っていたのですが、飲み始めて数日でお通じに変化が。
もともと便秘とは無縁な体質なのですが、さらに快調に。
下痢に近いほどのこともありました。
そしてnaggieのお通じも、増えました。
先生の狙いの1つはこれでした。
「とにかく、体の中の老廃物を出すことが重要」
という考えだったので、naggieの便の回数については何度も聞かれていました。
一度、ポリオの予防接種後にnaggieの下痢がひどい時期があって飲まずにいたのですが、すぐに便の状態に変化が。
「あ~、漢方って効くんだ」
とヘンなところで実感したのでした。
便がゆるくなる、ということは「治頭瘡一方(じずそういっぽう)」の副作用に書いてあります。
私は病院で処方してもらったので医療用のツムラのものを飲みました。
naggieはアレルギーがひどく、私自身も除去をしていたといってもお米は食べていましたし、完全にはできていなかったため、湿疹もゼロにはなりませんでした。
それでも、大きくなるに連れて改善傾向が見え、今では時々赤くなる程度です。
あの、3ヶ月頃のグジュグジュの頃が嘘のようです。
今年の夏、ノースリーブを着て、裸足で遊んでいる姿を見て
「一年前には絶対想像できなかった」
と一人感慨に浸っていました。
小建中湯(しょうけんちゅうとう)と「治頭瘡一方(じずそういっぽう)」は、アレルギー専門医にかかる前に皮膚科の先生に処方していただいていて、3ヶ月から6ヶ月頃まで飲みました。
★この記事は、2009年11月2日に書いたものです。
法律の改正により、リンク切れが生じたため、一部書き直しました。
現在、上記の漢方薬は「第2類・指定第2類と表示されている医薬品」にあたり、これらの薬は2009年5月31日までに購入した事のあるお店でしか購入できなくなっているようです。
また指定離島にお住まいの方のみ、購入できると表示されています。
詳しくは直接商品購入サイトの説明をご覧になり、ご確認の上ご購入ください。
(インターネット販売の場合に限ります。
一般のお店や病院では処方してもらえると思いますので、相談してみてくださいね)

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ  

にほんブログ村  人気ブログランキング
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

Sponsored Links
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. はじめまして、吉田と申します。
    アトピーに対して、ここ最近 治療迷子になってしまい色々と検索していたところ、このブログに出会いました。
    長女のアトピー治療について悩んでいます。
    ステロイドを使用すべきなのか否か。
    今日は、治頭瘡一方を処方してもらってきたのですが、もしよろしければどのような方法で治頭瘡一方を使用しつかいこなしているのか、参考までに教えていただけないでしょうか?
    といいますのも、現在遠方の漢方医療病院にかかっていますが費用もかさむので気軽に相談しにくく、
    また、近隣のアレルギー科の先生にも相談をしているのですが、まだ若い先生で漢方をよくしりません。で、治頭瘡一方はネットで調べ私からリクエストして出してもらい、今日から服用し始めました。
    現在は今日賛成水で

  2. はじめまして、吉田と申します。
    アトピーに対して、ここ最近 治療迷子になってしまい色々と検索していたところ、このブログに出会いました。
    長女のアトピー治療について悩んでいます。
    ステロイドを使用すべきなのか否か。突然 不躾にメールしてしまい申しわけございません。
    今日は、治頭瘡一方を処方してもらってきたのですが、もしよろしければどのような方法で治頭瘡一方を使用しつかいこなしているのか、参考までに教えていただけないでしょうか?
    といいますのも、現在遠方の漢方医療病院にかかっていますが費用もかさむので気軽に相談しにくく、
    また、近隣のアレルギー科の先生にも相談をしているのですが、まだ若い先生で漢方をよくしりません。で、治頭瘡一方はネットで調べ私からリクエストして出してもらい、今日から服用し始めました。手探り状態なもので。
    治頭瘡一方で検索し、サーフィンしていたところ、非常に参考になるブログでしたので。
    また、乱文 誤字脱字であることもどうかお許しください。
    吉田

  3. ayu より:

    初めまして!
    コメントありがとうございます。
    私もHPにお邪魔しました。
    すごく参考になりました。
    お風呂のこととか…うちの長男によさそうだなって、今度試してみようと思ってます。
    さてさて、漢方薬ですが…上にも書きましたがうちは3か月しか服用していず、その間に少しでも湿疹の改善があったかと聞かれると「なかった」と思います。
    でも、もしかしたら飲まなければもっとひどくなっていたかもしれないし…なんとも言えません。
    私は皮膚科の先生が漢方を使用する先生で、そこで出してもらっていましたが転院してやめることになりました。
    ちなみに、ステロイド治療をその後したのですが、ステロイドを塗っても湿疹はひどいままで、結局何が原因で湿疹が治ったのかなと考えると「成長したから」としか考えようがないんです。
    いま、5歳になりましたが、2歳頃で湿疹がなくなりはじめ、3歳でツルツルになり、そしてまた最近、ヒザの裏がちょっとカサカサ程度になってきましたが、あの乳児期のジュクジュクはどこにもありませんし、見た目もアトピっ子にはまったく見えません。
    我が家は上の子も含め3度漢方薬を飲んでいますが、どの場合も、目に見えて実感できたことはありませんでした。
    ただ、どの場合も、子どもの様子を見ていると快適そうには感じました。
    上の子はあの苦い苦い薬を「美味しい」といって喜んでましたし、体が求めていたんだと思います。
    参考にならず大変申し訳ありません。
    これから涼しくなっていきますし、
    湿疹、少しずつ少しずつ、きっとよくなっていくことを願っています。

  4. 吉田 千江子 より:

    早々にお返事くださり本当にありがとうございます!
    そうなんですね、やっぱり個々の体質によって効く、効かないっていうのはありそうですね。
    私にはayuさんのブログは非常に役立てられそうな情報が満載です!! 特に外食先が、自宅がいなかなので遠出した時も怖くないですし、本当に助かりました。
    治頭瘡一方は、昨日から飲み始めてテキメンに効いてきた様子です。痒さで機嫌悪かったのが、2時間もすると痒がる仕草が大幅に減り、笑顔が出てきましたが、何か他に並行して治療すれば免疫力が上がりアレルギー反応が出なくなる術があればと思い質問させていただきましたm(_ _)m
    Ayuさんの息子さんも本当に早くなんでも食べられるようになるといいですね!我が家の次男も只今小麦の負荷試験を続行中です。修学旅行迄には少しくらい卵を食べられるようにしてやりたいと目標にしています。本当にエピペンって針が太すぎてビックリしますよね。使わなくて済みますようにと本当に願わない日はありません。アレルギー数値が本当に似たような感じなので親近感を持ってしまい、長々と長文になってしまいました。ありがとうございました。
    吉田

  5. ayu より:

    飲んで効き目が実感できると、頑張りがいがありますよね!
    私が漢方を同時に行ったことと言えば・・・
    内側から働きかけることではありませんが、
    チュビファーストという痒み対策の筒形包帯を使用していました。
    長男の時に使ってとてもよかったので。
    ご存知かもしれませんが、いちおう、紹介リンクはっておきます。
    ◆http://foodallergykids.seesaa.net/article/125359061.html
    外食情報、お役にたててうれしいです!
    またUPしますね!!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑