5歳血液検査結果(4歳時と比較して)数値って下がるのね~と実感

公開日:  最終更新日:2014/10/15

卵乳不使用!おでんにおすすめ
【送料無料】鳥取県 名物!とうふちくわお試しセット(6種類14本セット)【待望の全国デビュー】【とうふ 豆腐ちくわ 竹輪 ちくわ 豆腐入り 鳥取】【お土産 おつまみ おやつ お鍋 おでん】とっとり 島根 山陰[ギフト/贈り物/プレゼント/お歳暮/お中元]

先日、半年ぶりの血液検査を行いました。
その結果をつい最近聞きに行ってきたのですが、下降傾向に驚いています。
いま、長時間かけて表を作ったのですが、うまく載せられないので打ち込みますね。
この1年間で比較しているので、前に書いているのが2012年4月の結果です。
( )内はクラスです。
◆卵白
21.5(4)→14.0(3)
◆牛乳
44.6(4)→26.3(4)
※ちなみに2011年9月の段階で牛乳は88.4(5)でした。
◆小麦
8.82(3)→4.46(3)
◆オボムコイド
13.1(3)→10.1(3)
※ちなみに2011年9月の段階でオボムコイドは35.1(4)。
◆ピーナッツ
78.5(5)→32.4(4)
力作の表もいつかUPしたいと思います(涙)
とにもかくにも、数値は下がるんだ!と実感。
下がったといえども、まだまだ高いのですが、すさまじい数値で過ごしてきた日々を思うと
「めちゃくちゃさがっとるやん!もう食べれるやろ!」
と先走りそうになる私です(そして先生に毎回止められる)。
数値が高いとき、私の心の支えは
「数値が高いと言って食べられないわけじゃない。数値が低いと言って食べられるわけじゃない」
という考えでした。
しかし、下がってくると、この後半部分が自分の首をじわじわ絞めてます。
数値が低いと言って食べられるわけじゃない。
でも、数値が低くなれば食べられる可能性は上がる、と言われたので
それを信じて前向きに、毎日ちょこちょこ小麦と卵黄を食べさせ続けます。
現在2gスタートの小麦は6gになり、
ゆでてすぐに取り出した固ゆで卵黄一口から始めた卵黄は、
生の状態で黄身だけ分離させて料理に使えるようになりました。
……
ちなみに、血液検査当日は入院をして卵白チャレンジも行ったのですが、
こちらは2gでアナフィラキシー。ストップでした。

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ  

にほんブログ村  人気ブログランキング
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑