卵アレルギーが急に治ったかも!?長男の話

公開日:  最終更新日:2014/10/15

Sponsored Links




卵アレルギーの長男。
小さい頃から、パンなどの加工品に入っているものは食べられたのですが、ゆで卵やオムライスと言った、卵そのものの料理は避けてきました。
小さな頃からチャレンジすれば、今頃は平気で食べられるようになっていたのかもしれませんが、当時は私も知識がなく、ただただ避けてばかりの食事を作っていました。
そして次男が生まれ、重度のマルチアレルギーだということが分かってからは、卵を家の中に入れるのも恐ろしいという感覚になってしまったので、ますます卵を避けた生活でした…。
これはいけないなぁとずっと思っていたのですが、次男坊のことで余裕がなく、再度負荷試験に目を向けたのは年長の時でした。
少しずつ食べさせたりして、ゆで卵半分~1個は食べられるようになっていたのですが、小学校に入ったら給食で症状が出るようになってしまいました。
大丈夫なはずの量でも。
徐々に、半熟にもチャレンジしようかと思っていた矢先だったので、ショックでしたが、それからは代替食を持っていったり量を減らしたりしながら食べていました。
特に口に症状が出ていたのが「かきたま汁」。
少し生に近いのかな…と私なりに解釈していましたが、とにかく唇が痒くなったり喉がかすれたり。
頓服を先生にわたしていましたが、この時が一番使用率が高かったです。
それがここ数か月、食べても症状が出なくなっていました。
調子がいいなと思っていたこともあり、先日、雑炊を作った時に卵を溶いて入れてみました。
半熟よりは火が入っていると思いますが、加熱時間も神経質にならず普通にしてみました。
(以前はゆで卵も時間はかって幻滅にやってましたから…。
2回作りましたが、症状は出ず!
突然のことにびっくりしましたが、すっごーーーーーーく嬉しかったです。
以前に卵を続けて食べさせなかったために(と私は思っています)卵で症状が出るようになってしまった経験があるので、今度は気を付けて食べさせていきたいと思います。
前から食べたがっていた卵かけご飯。
食べられる日も近い…かな?(すぐ欲張ってしまう私です)
スポンサードリンク





にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ


にほんブログ村
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

Sponsored Links

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑