アレルギー対応「もみじまんじゅう」発売!

公開日:  最終更新日:2014/10/15

Sponsored Links

4月18日の朝日新聞に嬉しい記事を発見しました。
広島名物「もみじまんじゅう」で有名な「にしき堂」が、特定原材料7品目を使用しないもみじまんじゅう「すこやかもみじ」を発売するそうです!(4月20日~)
開発のきっかけはお客さんからの電話。
お姉ちゃんがお土産に買ってきたもみじまんじゅうを、卵アレルギーの弟が食べられずに泣いてしまった
という内容だったそうです。
…声をあげるって、大切ですね。
最初からあきらめちゃダメです。
実は米粉を使った「生もみじ」が発売されたとき、とても期待していたのですが、原材料にアレルゲンが含まれていて(何だったかは忘れましたが)ガッカリした経験があります。
でも、今度の「すこやかもみじ」は食べられる!
私自身がもみじまんじゅうが大好きなので、子どもに食べさせてあげたかったんです。
早速次男坊に報告しました。
そして、にしき堂さんにも電話かメールでお礼のメッセージを届けたいと思います。
声をあげるときは、感謝の声も伝えるべき…いつも心に思っています。
参考HP:にしき堂 画像あり。

実際に食べることができました。美味しかった!味のレポートはこちら

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ  

にほんブログ村  人気ブログランキング
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

Sponsored Links
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. ayu より:

    こんにちは、メッセージ有難うございます!
    先生によって診断が違うと迷いますよね。
    地元の病院では負荷試験ができないので、大きな病院で負荷試験を進めようと思っている状況なのかな?
    私も実際の症状を見たことがあるわけではないので、先生のおっしゃることがその通り正しいのかもしれないのですが…我が家で進めてきた方法(主治医に相談しながら)の中で参考になりそうな部分を書いてみますね。
    小麦は2歳の時に誤食して症状が出ず、少し食べられることが分かったためほんの少量を病院で負荷しました。その後、自宅で増やしていましたが、ある程度増えたところで蕁麻疹出現。
    そのあとは量を増やさず、食べられる量をキープしながら、先生に相談してOKが出れば増やすということを繰り返しています。
    もしかしたら、ビビさんのお子さんの「大豆」が同じような感じなのかな…と。
    少しなら食べられるけど、量が増えると症状が出るという点で。
    程度が分からないですが、顔が腫れるというのは蕁麻疹よりひどいと考えると、解除が不安だという気持ちはよく分かります。
    うちの小麦のケースで行くと、大豆は食べられる量を食べさせながら、少しずつ量を増やしていくということになりますが、それに対応してくださる先生がいないと心配ですね。
    豆乳クリームは豆腐よりも含まれるタンパクが濃かったのではないかなぁ…ちょっとうろ覚えですが、病院の先生ならこのへんもわかると思います。
    でもやっぱり、顔が腫れるほどの症状が出たのであれば、私だったら、豆乳クリームはもう少し待ってみると思います(怖がりなんです(-_-;)
    牛乳の自宅での負荷試験は、ある程度量が増えたところで定期的に病院で負荷試験を行ったりしていますか?
    「ここまでは飲める」というのが分かっていて少しずつ増やすのと、「とりあえず少しずつ増やしてみて」と言われて増やすのとでは、安心感が全く違いますよね。
    幼稚園に入ると負荷試験も進めにくくなりますしね…。
    軽々しく言うことではないかもしれませんが、私は数回病院を変わっているのですが(引っ越しのため、ですけどね)、先生によって方針もタイプも全然違うなぁと思います。
    だから、不信感、不安感があれば、思い切って他の病院に通ってみるのもいいかな…とも思います。
    最近の方針って、「食べられる量を食べさせながら増やしていく」という感じだと思うので、それぞれのアレルゲンの閾値を知るための負荷試験、病院でできたらいいですね。
    ただ、もしかしたらまだ年齢が小さいということもあるのかもしれません。
    うちの息子も3歳で入園したときは大豆を除去してましたよ。年少のうちに解除することができて、少しずつ食べられる量が増えているので、焦らず進めてもいいかもしれません。
    …かもしれません、ばかりでゴメンナサイ。
    心配なこと、思ったこと、感じたことは先生に伝えていいと思いますよ。それでもどうしても不安だったら、転院も考えてみる、とかね。
    こんなお返事で良ければいつでもメッセージくださいね。

  2. ビビ より:

    アドバイス本当にありがとうございます!
    大きな病院へ行ったら負荷試験をやってもらえると思ったのですが、ミルクは10mlまで自宅で、そこからはもっと大胆に増やしていいと先生に言われ15mlにしたら咳と声がちゃんと出なくなり病院へ駆け込みました涙ぽろり
    そんな経験から、自宅で行うのは本当に怖くなってしまいました。
    遠い病院なので通うのも大変ですが、娘が大変な事態になる姿を見るほど不安なことは無いので、次回もう一度病院で負荷してもらえるか聞いてみます。
    ちなみに大豆クリームに関しても豆乳に関しても解除していいと言ったその先生の言葉に正直?な気分です。

  3. ayu より:

    >ミルクは10mlまで自宅で、そこからはもっと大胆に増やしていいと先生に言われ
    …ある程度まで口にすることができたら、そこからは大胆に増やしていいと言われたこと、私もあります。
    この「ある程度」がどの程度かってことですよね。
    大胆に増やして食べられるケースも聞いたことありますしね。。。
    でもやっぱり症状が出たら慎重に、じゃないと、私も不安なタイプです。怖いですよね。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑