「ソルビトール」「ソルビット」【原材料表記のよく分からない用語集】

公開日:  最終更新日:2016/01/30

卵乳不使用!おでんにおすすめ
【送料無料】鳥取県 名物!とうふちくわお試しセット(6種類14本セット)【待望の全国デビュー】【とうふ 豆腐ちくわ 竹輪 ちくわ 豆腐入り 鳥取】【お土産 おつまみ おやつ お鍋 おでん】とっとり 島根 山陰[ギフト/贈り物/プレゼント/お歳暮/お中元]

原材料表示を見ていて、もっともよく目にする名前かもしれません。食べ物はもちろん、歯磨き粉や化粧品で目にする事も。いったいどんなものなのでしょうか。

「ソルビトール」「ソルビット」は同じ

ソルビトール (sorbitol) は糖アルコールの一種。難しい化学式は割愛させていただきますが、食品添加物によく用いられます。自然界にも存在しますが、「ソルビトール」として添加されているものは、ブドウ糖を還元、精製してソルビトール液を作り、濃縮したもの。その主な用途を調べてみました。

甘味料として

ほんのりとした甘みを感じるため、お菓子などによく使用されています。同じ重量の砂糖と比べてカロリーは75%程度、甘味度は60%程度。水に溶けると熱を吸収するため性質を生かし、飴やガムなど、す~っとする感覚を味わわせるお菓子に使われる事も。

改良剤・品質保持・保湿剤などとして

かまぼこなどに使用すると水分を保持しやすく変質を防げるため、改良材として使用されています。
そのほか、特徴を生かして化粧品(保湿剤など)、歯磨き粉(品質保持、凍結防止など)で用いられることも多いです。

オールマイティだから何にでも入っている

調べれば調べるほど「オールマイティ」な印象がある「ソルビトール」。食物アレルギーを引き起こすかどうか、という視点から見れば、「糖アルコール」ということもあり問題はなさそうです。

しかし医療用に下剤として使われる事からも分かるように、摂取しすぎるとお腹がゆるくなることもあるのだとか。ソルビトールの入ったものばかりを連続して食べる事はないと思うのですが、特徴としては「お腹に注意」です。

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑