アレルギー児・アトピー児のパパママへ

アレっ子ママ同士の交流って大切!勇気と元気をもらってまた明日から頑張るぞ!

昨日、アレルギーっこママおしゃべり会に参加してきました!!!
大阪府茨木市で開催された「食物アレルギーと共にいきる 講演会」の前に、ブログなどで交流しているみなさん集まってお話しませんか~、と、「手ごねパンの時間 Olive」のOliveさんが呼びかけてくださったんです。
これは行くしかない!と行ってまいりました。
8名のアレルギーっ子のママにお会いすることができました♡
自己紹介の後、ランチをいただきながらフリートーク。
絶妙に話を回すOliveさん。
おかげで皆さんと話すことができました。
アレルギーっ子育児って、情報が重要だなぁ~。
と、次男坊が生後2か月~1歳まで住んでいた茨城県でサークルに入った時に思ったのですが、今回もやっぱり同じことを思いました。
私の知らなかったこと、たくさん教えてもらえて本当に有意義でした。
■自宅で少量ずつ食べること
特に自宅でアナフィラキシーを起こした時のお話、その後の子供の様子などを聞きながら
「あ~、私って、のほほんとしすぎだわ…」と反省。
その後、これまで食べられていたものまで食べられなくなってしまった…、食べるのを嫌がるようになってしまった…という話を聞き、ひどい蕁麻疹を起こした時の次男坊の動揺ぶりを思い出しました。
運よく自宅でアナフィラキシーを起こしたことが無いのですが(入院負荷中に3度あり)、少し食べられるようになると「いけるかも!」と調子に乗る自分にブレーキをかけないとな…。
それから、皆さん、少しずつ長い時間をかけて増やしていらして、すぐに忘れる自分を顧みてまたまた反省…。
主治医にも、毎日食べさせた方がいいと言われているのですが、私がうっかりしていても
「お母さんも大変だからね」「体調が悪かったりおでかけとかでできないこともあるよね」
と優しくフォローしてくださるので、ますます甘えてしまい……。ダメですね~。
■病院情報
先生の雰囲気、紹介状がなくてもいけるか、何曜日が診察日?なんてことまで情報交換。
病院選びって本当に重要。
アレルギーでは長く定期的に受診しなければならないことが多いので不信感を持ったら変えてみることをお薦めしていますが、じゃぁ、どこの病院に行けばいいの?っていうのが一番の問題ですよね。
■食べ物情報
いろいろと「実は食べられる」おやつや食品の情報をいただきました!!
自分で調べてみて試してみてからご報告しますね♪
などなど、たっくさんお話しましたが、おいおい小出しにしていきたいと思います(笑)
昨日参加された皆さん、企画してくださったOliveさん、本当にありがとうございました!!

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ  

にほんブログ村  人気ブログランキング
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

Sponsored Links

-アレルギー児・アトピー児のパパママへ

Verified by ExactMetrics