食物アレルギーと診断されたお母さん・お父さんへ

公開日:  最終更新日:2014/11/29

Sponsored Links

突然、かわいい我が子にひどい湿疹が出始めた。
母乳を飲ませると、なんだか調子が悪い気がする。
はたまた、初めてパンをかじったら、アナフィラキシー症状を起こしてしまった。
そして、
血液検査をしてみたら、いろいろな食品にアレルギー反応が出ることが分かった。
みんなと同じものが食べられない。
これから何を食べさせればいいの?
どうすればいいの?どうなるの?
周囲が分かってくれない。
親戚も、祖父母も、場合によっては父親も。
子どもを守らなきゃ!
私しかいないんだ!
・・・食物アレルギーと診断されてショックを受けない人はいないと思います。
出口のないトンネルをひたすら進んでいく、苦行のような日々に思えるかもしれません。
私もそうでした。
生後3ヶ月でひどい湿疹が出始め、写真を撮るのも悲しくなるような状態でした。
グジュグジュの体液が、朝、シーツにはりついていて、それを剥がして。
いつも長袖長ズボン。
「かわいいね」よりも「どうしたの?」と言われる日々、
そして、母乳だったため、自分も除去。
「食べられないもの」を言うよりも「食べられるもの」を言う方が早くて、
高いミルク、高い食品、仕方なく買ってました。だって、食べられないから。
限界ギリギリで、よくやってたなと思います。
そんな4年前の私に、言ってあげたいのです。
4年後の息子は、ツルツルお肌が気持ちいい、元気な男子に育ってるよ。
小麦と、卵と、乳と、落花生はまだ食べられないけれど、
普通のお米を食べて、お豆腐は大好物で、ゴマとちりめんじゃこをご飯にかけて、
カニに舌鼓をうち、イカ刺しはおかわりし、こないだカッパ寿司デビューもして、
なぜか十割そばは食べられるよ。
夏はランニングで肌を露出しまくってるよ。
先の見えない真っ暗なトンネルじゃないよ。
絶対に、光はあるよ。
私は、今もそう信じて、残りの4品目が食べられるようになる日を心待ちにしています。
絶対に食べられるようになる!
絶対にお肌はきれいになる!
この根拠のない自信が、私の支えています。
食物アレルギーと診断されたお母さんへ。
楽をしてください。
手抜きをしてください。
そして「ひえ」とか「あわ」とか、いつの時代の食べ物?と思うような、
日本古来の食べ物を、楽しもうじゃありませんか。
溜め込まないで、
話を聞いてくれる人がいないなら、いつでもコメントください。
ひとりじゃないよ。
みんなで、食べられるように、一歩一歩、進んでいきましょ!

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ
Sponsored Links
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. かなん より:

    初めまして。
    この記事のブログにとても共感し涙がでました
    なんかとても救われました
    ありがとうございます。
    一歳7ヶ月の女のこがマルチアレルギーで
    もうこの記事の通りジュクジュク毎日かきむしり火傷したような我が子をベッドでねかすこともできずてをおさえたまま抱っこし寝るときはタオルで巻き付けかきむしらないようにと…でも朝起きたらきりきざまれたような傷痕だらけに顔面血まみれ外出したらこそこそ言われかわいそうかわいそうと病院いってるの?どうしたの?と…
    もう笑えなくなってました。
    ステロイドにも抵抗がありなかなか塗れず入院と怒られしぶしぶ塗りました。
    皮膚は徐々に落ち着き血液検査ではIgeが3000…
    医者に異常だ。と言われました。
    離乳食はもちろん無味の野菜ばかり…まだそれでも文句言わず食べてくれるから良いものの周りのママともからはかわいそうだね食べたいね。と
    うん。しか言えません。
    食べさせたら死にます。
    大豆の自宅負荷わからぬまま病院の指導は適当で自分なりにやりとりあえず大豆製品はクリアかな?って矢先小麦自宅負荷を言われ1㎝きざみで35㎝でアナフィラキシーで救急車。
    これだけのアレルギー体質な我が子に不安を抱きながら食べさせなさいと言われ続け私は病院負荷をしてほしいと御願いするものの断られ食べさせなければもっと数値上がるよ!と脅かされ…
    食べさせた結果アナフィラキシー。
    かわいそうなことをさせてしまい自分を責め育児にすら自信をなくしました。
    アレルギーで有名と言われる病院にも行きましたが診察拒否され…
    ずたずたです。
    私は保育士をしていたので子どもはとても大好きです。
    育児に自信をなくし気力をなくし子どもに笑顔を見せれなくなりいつもイライラしてしまう自分が嫌で仕方ないです。
    なんか長々と愚痴ってすいません。
    誰にもわかってもらえず医者も頼れずどうしたらいいのかわかりません…

  2. かなん より:

    初めまして。
    この記事のブログにとても共感し涙がでました
    なんかとても救われました
    ありがとうございます。
    一歳7ヶ月の女のこがマルチアレルギーで
    もうこの記事の通りジュクジュク毎日かきむしり火傷したような我が子をベッドでねかすこともできずてをおさえたまま抱っこし寝るときはタオルで巻き付けかきむしらないようにと…でも朝起きたらきりきざまれたような傷痕だらけに顔面血まみれ外出したらこそこそ言われかわいそうかわいそうと病院いってるの?どうしたの?と…
    もう笑えなくなってました。
    ステロイドにも抵抗がありなかなか塗れず入院と怒られしぶしぶ塗りました。
    皮膚は徐々に落ち着き血液検査ではIgeが3000…
    医者に異常だ。と言われました。
    離乳食はもちろん無味の野菜ばかり…まだそれでも文句言わず食べてくれるから良いものの周りのママともからはかわいそうだね食べたいね。と
    うん。しか言えません。
    食べさせたら死にます。
    大豆の自宅負荷わからぬまま病院の指導は適当で自分なりにやりとりあえず大豆製品はクリアかな?って矢先小麦自宅負荷を言われ1㎝きざみで35㎝でアナフィラキシーで救急車。
    これだけのアレルギー体質な我が子に不安を抱きながら食べさせなさいと言われ続け私は病院負荷をしてほしいと御願いするものの断られ食べさせなければもっと数値上がるよ!と脅かされ…
    食べさせた結果アナフィラキシー。
    かわいそうなことをさせてしまい自分を責め育児にすら自信をなくしました。
    アレルギーで有名と言われる病院にも行きましたが診察拒否され…
    ずたずたです。
    私は保育士をしていたので子どもはとても大好きです。
    育児に自信をなくし気力をなくし子どもに笑顔を見せれなくなりいつもイライラしてしまう自分が嫌で仕方ないです。
    なんか長々と愚痴ってすいません。
    誰にもわかってもらえず医者も頼れずどうしたらいいのかわかりません…

  3. かなん より:

    アドレス間違えていました(ノ_・,)すいません。

  4. かなん より:

    アドレス間違えていました(ノ_・,)すいません。

  5. ayu より:

    こんにちは。
    ごめんなさい、コメントがとても遅くなってしまいました。
    コメントしてくれて、本当に嬉しいです。
    Ige3000…異常じゃないですよ、って言ったら語弊があるかもしれませんが、
    ほかのサイトの書き込みで、3000以上の数値を何度も見たことがあります。
    その先生は、そういうたくさんの子ども達を知らなかったんでしょうね。
    それと同時に「異常です」っていう一言が、どれだけお母さんを傷つけるかも。。。
    我が子も1歳のときは2200でしたよ。
    それが年齢と共に下がって、最新(4歳)では672です。
    この数値を見たときは目を疑いました。
    大げさだけど、こんな日が来るとは思わなかった。
    お母さんは本当に苦しいですよね。
    食べ物、皮膚、子どもから目が離せない状態で、
    病院での決断は何でもお母さんにかかってきて、
    その上、自分だけの決断で負荷試験のことまでしなければならないなんて。
    大変すぎます。
    頑張りすぎです。
    我が子が食物アレルギーだと分かったとき、実は私は引っ越して3ヶ月でした。
    知り合いはゼロで、実家は遠く、夫は忙しくて、いっぱいいっぱいでした。
    その気持ちが少しだけだけど軽くなっていったのは、
    アレルギーっ子のサークルに入ったことがきっかけでした。
    集まって遊ぶときも、当然、アレルギーに対応したおやつしか
    みんな持ち寄りませんし、湿疹を見ても「そのうち治るよ」
    「うちの子もひどかったよー」と自然に話す環境で、
    ずいぶん助けられました。
    もしお近くにアレルギーっ子のサークルがなければ、
    mixiの「食物アレルギー育児を楽しもうぜ」というコミュニティにも
    私は未だに助けられています。
    あ、そうそう、ここにコメントいただければ、
    いつでも話し相手になります。
    私でよければいつでもコメントくださいね。
    それと…やっぱり病院ですよね。
    門前払いをする病院が、「アレルギーで有名な病院」とは思えないですよね。
    本当にアレルギーと真に向き合ってくれる病院、お近くにあったらいいのだけど…。
    私は今までに引越しをしたこともあって3回病院を変わっていますが、
    患者さんをたくさん診ている先生ならIge3000ぐらい、普通のこととして
    話してくれると思います。
    あくまでもうちの子の話ですが、いま、肌のトラブルはゼロです。
    私の実感としては「年齢と共に自然に治った」感じです。
    こういう子を、私は数人知っています。
    だから、今は我が子の顔を見て泣きたくなる日もあると思うけど、
    きっと治ると信じて、辛いときは泣いたり誰かに吐き出して、
    無理せず、誰かに頼って、もっとラクに過ごしてくださいね。
    …いろいろ思い出して、長くなってしまいました。
    いつでもコメントください。待ってます。

  6. ayu より:

    こんにちは。
    ごめんなさい、コメントがとても遅くなってしまいました。
    コメントしてくれて、本当に嬉しいです。
    Ige3000…異常じゃないですよ、って言ったら語弊があるかもしれませんが、
    ほかのサイトの書き込みで、3000以上の数値を何度も見たことがあります。
    その先生は、そういうたくさんの子ども達を知らなかったんでしょうね。
    それと同時に「異常です」っていう一言が、どれだけお母さんを傷つけるかも。。。
    我が子も1歳のときは2200でしたよ。
    それが年齢と共に下がって、最新(4歳)では672です。
    この数値を見たときは目を疑いました。
    大げさだけど、こんな日が来るとは思わなかった。
    お母さんは本当に苦しいですよね。
    食べ物、皮膚、子どもから目が離せない状態で、
    病院での決断は何でもお母さんにかかってきて、
    その上、自分だけの決断で負荷試験のことまでしなければならないなんて。
    大変すぎます。
    頑張りすぎです。
    我が子が食物アレルギーだと分かったとき、実は私は引っ越して3ヶ月でした。
    知り合いはゼロで、実家は遠く、夫は忙しくて、いっぱいいっぱいでした。
    その気持ちが少しだけだけど軽くなっていったのは、
    アレルギーっ子のサークルに入ったことがきっかけでした。
    集まって遊ぶときも、当然、アレルギーに対応したおやつしか
    みんな持ち寄りませんし、湿疹を見ても「そのうち治るよ」
    「うちの子もひどかったよー」と自然に話す環境で、
    ずいぶん助けられました。
    もしお近くにアレルギーっ子のサークルがなければ、
    mixiの「食物アレルギー育児を楽しもうぜ」というコミュニティにも
    私は未だに助けられています。
    あ、そうそう、ここにコメントいただければ、
    いつでも話し相手になります。
    私でよければいつでもコメントくださいね。
    それと…やっぱり病院ですよね。
    門前払いをする病院が、「アレルギーで有名な病院」とは思えないですよね。
    本当にアレルギーと真に向き合ってくれる病院、お近くにあったらいいのだけど…。
    私は今までに引越しをしたこともあって3回病院を変わっていますが、
    患者さんをたくさん診ている先生ならIge3000ぐらい、普通のこととして
    話してくれると思います。
    あくまでもうちの子の話ですが、いま、肌のトラブルはゼロです。
    私の実感としては「年齢と共に自然に治った」感じです。
    こういう子を、私は数人知っています。
    だから、今は我が子の顔を見て泣きたくなる日もあると思うけど、
    きっと治ると信じて、辛いときは泣いたり誰かに吐き出して、
    無理せず、誰かに頼って、もっとラクに過ごしてくださいね。
    …いろいろ思い出して、長くなってしまいました。
    いつでもコメントください。待ってます。

  7. かな より:

    一歳の息子の魚アレルギーがひどくてPCばかりみてたどりつきました。
    涙がでました。
    出口のない戦いは孤独で不安で…周りからいろいろ言われ…理解者がいなくて。
    3年後は明るい未来ならいいなあ

  8. ayu より:

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    うちも魚アレなんですよ~。
    我が家は夫婦ふたりとも魚大好きなので
    本当にショックでした。
    が、3歳になって負荷試験してみた結果、
    サバ、アジ、マグロ、カツオ、イワシなどは食べられることが分かりました。
    今では回転ずしにも行けます!
    (でもタイ、サンマ、イトヨリなんかは×)
    アレルギーは年齢とともにきっと改善していくと信じて、私もがんばります!
    まだまだ1歳、のんびりいきましょ!!!
    いつでもコメントお待ちしてます♪

  9. kazu より:

    息子が3年前に食物アレルギーと診断された時のことを思い出しました。新生児の時から皮膚の状態が悪く、受診しても、あせも、乳児湿疹などの診断で様子をみていましたが湿疹はひどくなる一方のため、一応血液検査を受ける事となりました。その時医師から初めて「卵」かなあ?と言われた時も、まさかそんなはずはないと思っておりました。息子には3歳上の姉がいますが全くアレルギーはありませんでしたし、正直他人ごとだと思っていたからです。検査結果は卵、牛乳、大豆、果物類、他・・かなりの高い数値での陽性でした。私も母乳育児でしたので一緒に除去ということになり、今から何を食べていいのかパニックになりながら家にたどり着きました。それからは今でも勉強の毎日、除去食によって息子の肌も良くなりましたが周囲の理解は得にくいものです。3年間何度となく症状が出たり大騒ぎしつつも春からは元気に保育所に通っています。今はまだお弁当持参ですが、いつかみんなと同じ給食が食べられるように願っています。今は1日1日、1食1食、という前向きな気持ちです。みなさんのアレルギーが改善される事をお祈り致します。

  10. ayu より:

    コメントありがとうございます。
    保育所に通われてるんですね!
    うちは来年から小学校なのですが、給食がどこまで食べられるか…今それが一番の懸案事項です。
    私も皆と同じもの、食べさせてあげたいです。
    お互い、一歩一歩、進んでいきましょうね!!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑