アレルギーっ子と東京ディズニーランド!~イーストサイドカフェでの食事編

公開日:  最終更新日:2014/10/15

Sponsored Links

eastsidecafe

ディズニーランドの中では、1日目の昼と2日目の昼の2回食事をしました。
まず1日目の昼ごはん。
11時頃ディズニーランドに到着してその足で入口すぐの「ワールドバザール」内にある「イーストサイドカフェ」に直行しました。
(ちなみに、私はファストパスを取りに行き、夫、子どもたちはレストランへ)。
レストランは正午頃には行列ができると聞いていたので、できるだけ前倒しで食べたかったんです。
結果、並ばずに入れました。
「イーストサイドカフェ」を選んだ理由は、低アレルゲンメニューがスパゲッティだったこと。
スープやサイドメニューも美味しそうだったこと(メニュー内容は、事前に送ってもらった資料にすべて記載されてました)。
いつもファミレスで食べている、アレルギーっ子の定番、カレーは最初は避けるつもりだったこと。
和食のお店(レストラン北斎)もあるのですが、いつも家で食べているのとあまり変わらないかなと思い、特別感を重視してこのお店を選びました。
次男坊naggieが食べたのは、上の写真のメニュー。
スパゲッティ、豆乳のスープ、サラダとデザート。
ジュースはおかわり自由でした(これは大人も)。
席につくとメニューが渡されますが、ここで低アレルゲンメニューは出てきません。
お店の方に伝えると、担当の方がメニューを持って登場。
アレルゲンの確認があり、そのうえで「低アレルゲンメニュー」の提示があります。
また、親のコースにパンが付いていたのですが、「卵や乳が含まれますので、お子さんにはあげないでくださいね」と一言ありました。
naggieも喜んでいましたが、それ以上に嬉しかったのは親と、アレルギーのないharryだったかもしれません。
大人のメニューはコース仕立て、前菜、メイン、デザートなどを選べました。
こういうお店に行くのはとても久しぶりで、しかもとっても美味しかった。
今のところ、低アレルゲンメニューのあるお店は、ファミレスなどが中心で、親も子もどうしても外食の食事内容がワンパターンになってしまいがちです。
その点、ディズニーランド内のレストランは、カレー以外の低アレルゲンメニューもあるし、大人がきちんと食事できるお店も、軽くつまめるお店もあります。
ディズニーランドに来たら、これはもう、贅沢して食べたほうがいい!と、本当に思いました。

■LINEで使える!アレルギーっ子と家族のお役立ちスタンプ

にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ  

にほんブログ村  人気ブログランキング
↑アレルギー児育児のブログが多数登録されています↑

Sponsored Links
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へ
にほんブログ村

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP ↑